FC2ブログ

美意識

今月は、珍しく映画館に二回も足を運びました。


まずは大好きな作家 三島由紀夫氏の政治活動~自決の日までを再現した

若松孝二監督
「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」



実は
今迄、作家としての三島由紀夫氏が大好きだったので
活動家になる流れは全く興味がありませんでした。


しかし、この映画を観て、活動家 三島由紀夫を知りました。


徹底したナルシズムに圧巻。

滑稽なほど、美しさを追求した彼。

羨ましいとすら思いました。



二本目は

アルモドバル監督「私が、生きる肌」



愛情。憎しみ。哀しみ。トラウマ。錯覚。

辿り着いた先は、美意識の追求。

狂おしい現実こそ、美しく魅せられました。

内容も素敵でしたが、色彩や細やかな背景も素敵でした。

最初から最後まで飽きのこない作品でした。



なんだか、美意識が強い作品を続けて観た気がします。


自分の人生を誇りを持って謳歌している方は、男女問わず美しい。


そんな美しい人に、私もなりたいです。




どちらの作品もオススメです!

気になる方は是非!



んじゃ。早くも酔っ払いのためドロンします。





あでぃおーす!
スポンサーサイト
[PR]

コメント

映画

一か八か
こちらは田舎なので、2作品共、上映されていません。
スパイダーマンを観ましたが期待ハズレで退屈でした。

それでは、縄の忘れとお酒の飲み過ぎと交通事故に、お気をつけ下さい。

のす べもす!

一か八か。へ。

一華
マジかーー!残念だ。
DVDレンタルが始まったら是非観ておくれ。

あはは!
そうね!忘れ物と飲み過ぎと交通事故ww

気をつけまーす。笑
非公開コメント

トラックバック